2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

只今お気に入り - 2008.01.26 Sat




とっても優しくて心があたたかくなる音楽をみっけ! ただいま彼女の曲に嵌っています。きっと、これから人気が出るだろうな~ ドコモでもタイアップされたみたいだし。がんばってね!


そばにいるね 青山テルマ feat.SoulJaそばにいるね 青山テルマ feat.SoulJa
(2008/01/23)
青山テルマ feat.SoulJa、青山テルマ 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

紅盤 - 2007.05.29 Tue




そしてこちらは、斉藤和義の深紅のCD「紅盤」 10年以上も前、斉藤和義の「彼女」という歌に惹き込まれて、アルバムも何枚か買って、聴き続けた時期がありました。でも、もうずっと何年も聴いてなかったし、新しいアルバムを買うこともなくなっていたけれど、このたび、ひさ~しぶりに買いました。なぜって・・・浜田省吾の「君に会うまでは」をカバーした曲が入っているから(^^ゞ なかなか良い味を出していました。 

HANSON と TAKE THAT - 2007.04.07 Sat

20070407cd.jpg

「アイドル好き」も最近は、追いかけるアイドルが居なくなって、ちょっと淋しい音楽生活を送っていたら、あの可愛かったHANSONがすっかり大人になってアルバムを出したというので早速購入。そして、懐かしいTAKE THATも再結成してアルバム発売とうので、これも購入。しばらくは楽しめそうです。

Wet Wet Wet - 2006.06.09 Fri

060609wet3-350.jpg


梅雨入りした朝・・・ FMラジオから流れてきたのは、まさにそのもの、Wet Wet Wetでした。曲は「愛にすべてを」 何年前になるのだろう。懐かしいです。アルバム引っ張り出して、今日はずっと聴いています。(amazonを見ると、1994年になってるから、12年前!)


Part One Part One
Wet Wet Wet (1994/07/26)
Polygram
この商品の詳細を見る

IL DIVO - 2006.05.26 Fri

毎日レッチリを聞き続けていた耳が、ちょっと落ち着いた音も欲しい・・・と言ったかどうかは定かではないけれど、情熱的で胸の奥からジーンと熱くなるこんなアルバム。最近、ハートがキュンと痺れるような感覚から遠ざかっていたので、久しぶりにそんな感覚を味わっています。なにしろ、みんななんてハンサム!!実は、アルバムを買ったのは、そこに惹かれた・・・

アンコール(DVD付) アンコール(DVD付)
イル・ディーヴォ、イル・ディーヴォ&セリーヌ・ディオン 他 (2006/03/22)
BMG JAPAN
この商品の詳細を見る


※FC2ブログがamazonとくっついたそうで、早速試してみました(^^)

STADIUM ARCADIUM - 2006.05.10 Wed




CD屋さんの前を通り過ぎようと思ったら、店頭でとあるCDが私を呼び止めた。スピーカーからもそのCDの曲が大音量で流れていて、発売直後の売り出し中。そうか、発売されたんだ・・・と思ったときは既に、私の手にはステイディアム・アーケイディアムのアルバムが握られて、レジの前に立ってた・・・  今聴いています。久しぶりに胸躍る感覚を思い出しています。
by "RED HOT CHILI PAPPERS"

幸運な夜 - 2006.04.23 Sun

何気なくチャンネルを回したら、大好きな懐かしい曲とハーモニーが流れてきてビックリ。新聞を見たら、BS2でイーグルスの特集をしてた!



こんな映像は見たことなかったけれど、72年、デビューしたばかりの頃のライブ映像らしい。みんな若い。イーグルスはメンバーが随分変わっていったけれど、これがグループ結成当時のメンバーなんだ・・・と思って見入ってました。

Read More »

今年のグラミーから - 2005.02.21 Mon

20050221205315.jpg


FMラジオから胸がキュンとなるくらい懐かしい曲が流れてきて、「今年のグラミー賞の、ベスト・ニューエイジ・アルバムに選ばれた、ウィル・アッカーマンの曲をおかけします」とアナウンス。

もう10年くらい前になるかな? 大切な友人へお見舞いのプレゼントに
(でも、なんのお見舞いだったっけ???)
その頃とても好きだった、ウィンダムヒル・レーベルから、心優しいギターのアルバムを選んだのだった。

友人はとても喜んでくれて、実はそのアルバムを持っていない私へ、すぐにカセットテープに録音して、次に会った時に持ってきてくれた。

そのテープを何度も何度も聴いて、結局アルバムも欲しくなり、少し経ってから、自分のためにそのアルバムを買ってきた。

それがこの、「A Windam Hill Retrospective」というアルバムだった。
懐かしいギターの音にひかれて、急いで棚からアルバムを引っ張り出して、CDデッキにかけてみる。
片付けの手を休めて、しばらくじっと聴いていた...

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

sarasa

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。