2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜田省吾ベストアルバム 8月リリース!! - 2006.07.17 Mon



CDショップへ既にしっかり予約を入れました。8月9日がひたすら待ち遠しい~♪

最近、省吾さんの話を向日葵さんと、ここで続けていたので、ちょこっと書いてみたくなりました。でも省吾さんに興味を感じる方でないと、読んでもただ呆れるだけだから... 追記は興味のある方だけ見てくださいね。
-------

浜田省吾・・・について、すこしばかり。

いつ浜田省吾と出会ったのだろう?
はっきりは覚えていないけれど、多分、17、8年くらい前。
ほんとうに気紛れに、CDショップでアルバムを買いました。
浜田省吾というアーチストを良く知らないのに、
手に取ったアルバムが、なぜか私を強く惹きつけて、
そのまま買ってしまったのだったっけ。

アルバムのタイトルは「WASTED TEARS」 浜田省吾のバラード集。

それが、私の浜田省吾とのスタート地点。
聴くほどに、惹き込まれ、全ての曲が私の心を捉えて離さなくなった。
メロディも詩(ことば)も、そして何より、浜田省吾の「声」が・・・
いったい何回アルバムを聴いただろう。CDが擦り減ってしまうかと思うほど・・・

以後、浜田省吾のアルバム全てから、一枚一枚集めていきました。
そしてそれは、私にとって何と楽しい作業だったことでしょう。
どのアルバムも、私を裏切ることはなく、
一枚増えるごとに、
浜田省吾の世界へと嵌りこんでいったのは言うまでもありません。

いったいこのアーチストはどんな人なのだろう?
アルバムを買って聴くたびに、そんな想いが膨らんでいきました。
どんな人なのか知りたい・・・切実に思いながらアルバムを聴き続けました。

そのうちに、レンタルビデオ店で、ライブビデオの「ON THE ROAD"FILMS"」を借りて、
初めてライブの映像を見たのです。
背中に戦慄が走り、最初から最後までほとんどまじろぎもせずに観ていました。

ですから、ビデオをお店に返却して直ぐに、
ビデオ屋さんで同じビデオを購入したのはごく自然なことでした。

映像で分かったのは、
想像以上にエネルギッシュなライブアーチストであったこと。
会場の全ての観客を惹きつけて、一緒にライブを作り上げていくアーチストであったこと。
そして、どんなに「詩・ことば」を大切にしているアーチストであるか、
口を大きく開き、丁寧に一つ一つの言葉を表現する姿勢から想像できて、
なんと誠実なアーチストであったのか・・・ということでした。
もちろん、ルックスやダンスなどの視覚的な魅力は言うまでもありません。

やがて、しばらく休んでいたライブが再開されることになり、
プラチナチケットを手にするための、チケット争奪戦争の只中へ入ることになりました。

そのまま、今に至っています。
チケットが取れないのが、いつも涙だけど・・・・

● COMMENT ●

おはようございます。
思わず目を疑いました。悪い意味ではありません。うれしい!!
私も大好きなの。私の出会いは、30年前。いやだ、年がわかるかも。
学生時代学園祭で、中島みゆきの前座だったとき。愛奴、解散直後でした。
声と歌、ルックスに魅了され、それ以来のファンです。といってコンサートには行ったことありませんが。いまでも、せつなーい歌声が大好きです。
ちなみに夫と同じ年で、夫がうまれ育った隣町の高校出身です。

はじめまして。
浜田省吾・・・大好きです。
彼の全てを知りたくて、そのコントロール出来ない欲望に傷つきます。
今はこの秋から始まるホールツアーのチケット争奪戦に入ってます。

みえこさん!
そうだったんだ! 
ほんと、嬉しいです。ここにも居た!って。

愛奴解散直後なんて、すごいです。
私なんて、存在も知らなかった頃でした。
そっか、その頃は、学園祭の前座で
ライブしたりしていたのね。
それは、貴重な省吾さんに会えたんですね~

だんなさまは、隣町で同年代。それも縁を感じてしまうわね。

コンサートは絶対に行ってね。
もっともっともっと、省吾さんに惹かれてしまうから。
あんな素晴らしいライブは、行かないともったいないです~

みわさん、
コメント、ありがとう~
省吾さんの繋がりで、
立ち寄ってくださって、嬉しいです。

知れば知るほど、惹かれる人ですね。
そういう人、他に探せない気がする。
コントロールできない欲望!
まさに、その通りね(^^)v

ホールツアー、私は遠くまでは出かけられないので、
次回発表の、神奈川県や東京のホールに、
命かけます~

おはようございます。リンクさせてくださいね。

おはようございます
sarasaさん

昨日は出かけていて「sarasaさんからお返事届いてますように」と楽しみに家路につきました 読んでいて「うん!そう そう」とうるうるしながら・・・まったく同感です

私はライブに行く前は ファンクラブやライブの追っかけをする人達は一部の熱狂的なファンだと思っていました
でも 省吾さんのファンは皆 良き妻良き母「省吾さんは特別な人だけど主人が一番大切な人 子供達も自立しちゃったら二人だけですもの」昨年のファイナル後 浜友さんの一言・・・でもすっごく熱く省吾さんを応援している人ばかり これはやはり省吾さんのご人徳としか思えない そしてsarasaさんもそのお一人 やはり「本物」は
純粋に愛されるんですね

偶然ですがsarasaさんのブログを見つけた頃 ずっとBGMに聴いていたのが「Wasted Tears」♪
防波堤の上までいくとまた最初から・・・そしてお花のフォトなどを拝見していました すごい偶然ですよね
今は「Road Out ”Tracks”」がドライブBGMです


sarasaさんと省吾さんの出会いもすごく素敵! ほんとにこんなに熱く語られるアーチスト他にいないですよね

いろいろなアーチストのライブに行くと、
ガラリとカラーが違って面白いですね。

でもでも、声を大にして言えるけど、
省吾さんのライブ会場には、
温かさが満ち満ちている。
みんな、礼儀正しくて、爽やかですよね。

私は、一人でも行くんですが、
(初めてのときは勇気が必要だったけれど)
居心地が悪いことなんて無かったです。

「防波堤の上」暗いけれど、すごく好きです。
省吾さんの曲は、映像がリアルに浮かんできますよね。
詩が素晴らしいから。

あはは、もうメロメロですね~
語りだすと、とどまることを知らない(^^)

みえこさん、
私もリンクさせてくださいね。

sarasaさん
お返事ありがとうございます

久しぶりに省吾さんを熱く語る事が出来て大満足です
sarasaさんも一人でもライブ行くのですね
友達から「一人で行くの?」と私も驚かれるのですが ほんとに何度行ってもマナーも良いし一人でも全然 平気!
むしろ現実から逃避できるのは一人参加の時かな?
ファイナルは たまたまその前のライブでお隣りの席だった方と連絡が取れてご一緒しました
↑みえこさん みわさん のコメントも楽しく拝見させて頂きました

sarasaさん、(*ノノ) 
自分の日記に時々書いた省吾の事…
今ここでsarasaさんやお友達が話してくれる
とっても嬉しいです♪

語らせると長いのでやめますが(笑)昨年新しいアルバムを聴いた時
ステキに歳を重ねていてくれた省吾に
感激♪

sarasaさん、私のブログリンクして下さって
いたのですね~
今最後までお話を読ませていただき
気がつきました。
どうかノンキな私をお許しくださいね~

向日葵さんも、
一人でライブに行っていたんだ(^^)

たいていの人はビックリして、引くのです。
でも、誰か一緒に行ける人を探していたら、
ライブが終わっちゃう。
省吾さんに惹かれていない人を無理やり連れて行きたくはないし、
(お隣が気になってしまうものね、楽しいだろうか?って)
あるときから、思い切って一人で出かけたら、
ぜんぜん平気でした。

省吾さんを好きな友達と一緒に行くのが、
一番楽しいのは言うまでも無いですが。
次回はどうなるかな~
その前にチケット!

しぃこさん
省吾さんの話、普段は心の中に秘めているけれど、
一旦口から出ると、
とめどなく続いて、終わりがなくなっちゃいます。

ブログのリンクは、ホームページなどとは違う、という感覚でいるので、
お断りしなくて、ごめんなさい。
自分の好きなブログは、リンクしておけば、
いつでもチョコっと見に行けるから、
「お気に入り」のつもりなんです。

ときどき伺って、読ませていただいています(^^)

sarasaさん
こんばんは

感激です!
こんなにも省吾さんを好きな方達がいらっしゃるなんて・・・
私の周りにはいないんです
「浜田省吾?誰?俳優?」ってな調子です

ライブ当日は 家にいても落ち着かないのでいつも早めに出かけ 一人 
街の風景やぞくぞく集まる省吾ファンをウオッチングしながら開場時間まであっという間です
楽しいひととき♪


向日葵さん
おんなじよ~

私の周りも、そんな感じです。
みんなほとんど知らない(-_-;)

でもこんな風に想いを熱く語る人が、
実はいっぱいいるのね~
すごく嬉しいです。

ライブ当日のことも、同じ~
わくわくドキドキしながら会場に行って、
その雰囲気を味わっています。
会場の灯りが落ちて、暗くなると、
みんなの興奮は最高潮。
中央に省吾さんが現れると!

ね、思い出すだけで、ドキドキですね~

sarasaさんへ☆

わぁ~!
開演 直前のあのわくわく感
↑思い出して 全身ザワッとしました

もうこの辺でsarasaさんのブログに省吾さん談義 コメント控えようとさっき心に誓ったはずなのに(笑)
一応 自分の中では理性も節度も持ち合わせているつもりですが・・・
取り乱します 省吾さんには(笑)


向日葵さん
同じです~ (^^)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sarasa25.blog5.fc2.com/tb.php/362-7e6d547d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

浜田省吾

浜田省吾浜田 省吾(はまだ しょうご、1952年12月29日 - )は、広島県竹原市出身の日本のロックシンガー。神奈川大学法学部中退。ファンからは「浜省」の愛称で呼ばれ

宝石のよう «  | BLOG TOP |  » ジャスミンにスコップを取られて・・・

プロフィール

sarasa

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。