2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑顔 - 2005.05.18 Wed

sakura450.jpg


大好きなお父さんが郷里へ帰ってしまって、土曜日からずっといません。三日目に、さくらはついに精神的ショックから気落ち状態へ。一日中、ずっとうずくまったままでした。それから又三日過ぎて、やっとこんな笑顔が見られるようになりました。お父さん、まだ帰ってこないけど、もうちょっとがまんしようね。

● COMMENT ●

さくらちゃん

私と同じね、寂しいとうずくまっているなんて・・・

読みながらドキドキしていたけど
さくらちゃんの笑顔が戻って私までホッとしました。

(我が家はADSLではないので写真が出てくるのが遅くて文字を先に読んでいて読んでいるうちに写真が見えるの^^)


最近は、つい大きな画像を使ってしまいます。
みんな快適なネット環境だと思ってしまうのね。
ごめんなさい、お待たせしてしまうね。

のはらさんも、寂しいとうずくまっちゃう?
そうね、でも分かる気がする。
私は、お布団かぶって寝ちゃうかも。

寂しがりなんですね。
俺も寂しがり屋ですよ(何を

はやくお父さんが帰ってくるといいね。

我が家の寂しがり屋さん、
日曜日の夜にはお父さんが帰ってきます。
それまであとちょっと。

空牙さんの寂しさを埋めてくれるのは・・?

人はみな、どこかに寂しさを抱えて生きて、
だんだんそれに慣れて、
やがて、寂しささえも気がつかなくなってしまうのかな?
それは、寂しいよりももっと哀しいことかもしれない...

日曜日まであと2日。
すぐだよっ♪

矛盾に耐えられるようになったとき
寂しさを忘れてしまったとき

みんな大人になっていくんだろう。
でも、それはすごく寂しいこと

この寂しさがあるから、僕はまた人を好きになれる。

でも、しばらく埋めてくれる人は現れないと思うんです。
俺はきっとあの子を傷つけてしまったから。
助けて。なんて言えないんだ。

誰かを傷つけた・・・と気付いたとき、
たいていは、もう事は終わりに向かっていて、
残るのは、後悔や、「自分の無力」を知った悔しさや・・・
そして、失いかけているものが、
自分にとって、どんなに大切だったかを、
イヤというほど思い知らされて。

だけど、
人は、誰かを傷つけたとき、
ほんとうは、自分ももっと傷ついている。

もしかしたら、
人って、その傷を癒すために、また傷をつけてしまうのかもしれない。

そんなこと、ずっと昔から感じていたの。
空牙さんの書いたものを見ていて、
また思い出しました。

今日、お父さんも帰ってきて、
さくらは、ニコニコの夜を過ごしていますよ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sarasa25.blog5.fc2.com/tb.php/85-e0397636
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

息子から «  | BLOG TOP |  » 野いばら

プロフィール

sarasa

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。